後藤氏の研究室での「AIと作曲」に関する取り組み