著作権法第35条の改正により「一定の異時公衆送信」が認められるが、利用する教育機関は補償金の支払いが必要になる
(出所:木村氏の発表スライド)