児童が電子黒板上で操作して自分の意見を発表することもできる。実際の距離が同じかどうかは、ホワイトボード上で定規を使って測り確認する。このあたりの作業も、電子黒板やパソコン上でできれば、よりスマートな授業になりそうだ