文部科学省は2018年11月6日、「小学校プログラミング教育の手引(第二版)」を発表した。新学習指導要領では、2020年度から小学校でプログラミング教育が必修化される。現在はその準備期間で、文部科学省は2018年3月に同手引きの第一版を作成し、プログラミング教育の狙いや指導例を示していた。その後各学校での実践例などを踏まえ、今回手引きの内容を改訂した。

 大きな変更点は2つ。一つは、指導例の追加だ。「学習指導要領に例示されている単元等で実施するもの」(手引きではA分類と呼ぶ)で2例、「学習指導要領に例示されてはいないが、学習指導要領に示される各教科等の内容を指導する中で実施するもの」(B分類)で2例、「教育課程内で各教科等とは別に実施するもの」(C分類)で1例を新たに加えた。小学校におけるプログラミング教育は、各教育委員会や学校でカリキュラムや指導計画を作成する必要があり、まだ実践していない自治体や学校ではこうしたテンプレート的な指導例が役に立つ。

手引きの第二版で追加された指導例
出所:文部科学省「小学校プログラミング教育の手引の改訂(第二版)について[概要]」

 もう一つの変更点は、前述のC分類における学習の狙いを「プログラミング的思考の育成」や「プログラムの働きや良さへの気付きなど」だとしたことだ。新学習指導要領および同手引の第一版では、教科の学習の中でプログラミング的思考を育み、各教科での学びを確実にすることを重視していた。一方、そもそも児童がプログラミングツールに慣れ、「プログラムが指示通りに動くとうれしい」といった感覚を持ったうえで教科の授業につなげた方がスムーズに進むという声が既に実践している教員の間から出ていた。

 今回の改訂では、C分類の指導例に1例目として「プログラミングの楽しさや面白さ、達成感などを味わえる題材などでプログラミングを体験する例」を追加。さらに「各教科等におけるプログラミングに関する学習活動の実施に先立って、プログラミング言語やプログラミング技能の基礎についての学習を実施する例」(プログラミングツールの操作法を覚える)という例を、従来よりも前に記載して優先順位を上げた。こうした修正は、実践例での意見を受けてのことだとみられる。

改訂ではC分類(教育課程内で各教科等とは別に実施するもの)の狙いを明確化し、指導例も追加した
出所:文部科学省「小学校プログラミング教育の手引の改訂(第二版)について[概要]」

 文部科学省は、今後も必要に応じて同手引きの改訂をしていくとしている。手引き以外の教員向け支援として、Webサイト「小学校を中心としたプログラミング教育ポータル」(未来の学びコンソーシアムが運営)においてプログラミング教育の事例紹介を増やすとともに、今後はチュートリアル動画を提供する計画もあるという。