学生の利用履歴から問題のある行動を見つけ出せる可能性がある。プライバシーへの配慮など、実用化には課題もある
(出所:麗澤大学が発表した論文「システム利用情報を活用した学生見守りシステムの構築」)