若い逸材を社会全体がどう育てるか

 第30回国際情報オリンピック日本大会組織委員会 委員長の古川一夫氏は、「情報産業(IT産業)は、自動車産業に並ぶ日本の代表的な産業だが、残念なことに、まだ“日本発”といえる新しいものがない」とし、情報産業に携わる若い逸材を社会全体がどう育てていくかということを、熱意を込めて語った。

写真6●第30回国際情報オリンピック日本大会組織委員会 委員長の古川一夫氏

 情報以外の国際科学オリンピックは7月から8月にかけて開催され、すでに結果が出ている。説明会では、各科目の代表選手の学生が、大会での体験をレポートにまとめて発表した。また、これから開催される国際情報オリンピックの選手に、大会に臨む際のアドバイスが送られた。

写真7●参加した大会で体験したことをプレゼンする国際科学オリンピックの日本代表選手
写真8●国際科学オリンピック日本代表の若き選手たち

(久保田 浩=日経ソフトウエア)