プログラミングを体験 論理的思考を身に付ける

 情報化の進展に合わせてプログラマーを育成するのでなく、情報化に対して賢く理解する人を育てていくことを念頭に置いたときに、情報社会の仕組みを座学だけで教えるのは難しいと思います。中学生・高校生は少し体験すればある程度は理解できますが、小学生はまず体験してみないと分かりません。中学校の技術・家庭でロボットを動かしてみるような授業をしても、中学生はあまり喜びません。一方で小学生は大喜びします。

 ロボットのようなモノを動かしてみるプログラミングや、ゲームのようなプログラミングも、子どもたちが少し体験することにより、「こうやって作られているんだ」「このくらいのことにこんなに苦労するんだから、ゲームを作っている人はすごい」というモノサシができます。掃除ロボットはこういう仕組みで作られているから、こういうふうに使えばいいということが理解できます。

 小学校でこうした体験をさせることが、プログラミング教育の意義なのです。具体的には、小学校の新学習指導要領の総則に「児童がプログラミングを体験しながら、コンピュータに意図した処理を行わせるために必要な論理的思考力を身に付けるための学習活動」と書いてあります。

 コンピューターをうまく動かすには、順次処理と分岐、繰り返しという基本を組み合わせて考えます。例えば算数で、割り算は同じ手続きを繰り返し、降ろす数字がなくなれば終わります。これは、アルゴリズムがプログラミングと同じです。また、多角形の計算もプログラミングを応用することができ、プログラミングと教科の内容をつなげて考えられるようにします。

覚えるのは子どもの方が早い 先生は一刻も早く体験を

 つまり、プログラミングを体験しながら、総則に書いてあるような論理的思考を育てます。子どもたちにプログラミングの体験はさせますが、それが直接的な目標ではありません。プログラミングを体験して終わりではなく、プログラミング的なものの見方はどこに使われているか、生活の中でプログラミングされているものにはどんなものがあるか。こうしたことを先生がどれだけ広げて子どもたちに見せられるかが大事になります。

 そこで、先生がまず、プログラミングを体験してみることです。一緒にスタートしたら、覚えるのは子どもたちの方が早い。だから、先生には一刻も早くプログラミングを始めてみることをお勧めします。

 初心者向けのプログラミング言語「Scratch(スクラッチ)」であれば、それほど難しくありません。体験してみると、細かいことは別にして、プログラミングとはこういうものかと理解できるようになります。

 そして、子どもたちに体験させるようになってから、いろいろ気が付くことがあれば褒めてあげる。「プログラミング的なものはどこにある?」と子どもたちと一緒に進めればいいのです。プログラミングの指導は外部の人材や教材を活用すればよく、体験した子どもの気付きを教科のさまざまな場面に関連付けて教えることが先生の仕事といえます。