図2 「猫識別装置」のアイデアを思い付いた理由