管理人が不在の寺院で賽銭や仏像などの盗難を防ぐ「寺院安全管理システム」です(図1)。人感センサーが感知すると自動で撮影を開始し、その画像をLINEで送信します(図2)。カメラはサーボモーターで向きを変えられるようにしていて、別途開発したスマホアプリで制御・参照できます(図3)。撮影した画像は、クラウド上に構築したサーバーにscpコマンドで送信・保存しています。

図1 「寺院安全管理システム」の外観と内部
図2 LINEに送られてきたメッセージの画面
図3 スマホアプリでリアルタイムの映像を表示している画面

 今回の応募作品は、既に1年前から稼働しています。当初は動作が不安定でした。例えばラズパイは、カメラの連続撮影でmicroSDカードの読み書き回数が多かったことで頻繁に落ちました。HDDによる運用に切り替えることで解決を図っています。このほかインターネット接続回線の不具合などの対策を施し、現在は停電時以外に落ちることなく、運用できるようになりました。




【電子パーツがもらえます!】LoRa通信向け拡張ボードなどを無償提供

「みんなのラズパイコンテスト2019」特別企画を開催中(8/19まで)

 Raspberry Pi(ラズパイ)を使った作品・アイデアを表彰する「みんなのラズパイコンテスト2019」で、最新の電子パーツを無償提供します。今年は、LoRa通信向けの拡張ボードや、各種センサーボードなどを提供します。提供される製品を使った作品やアイデアを応募することが条件です。エントリー期間は2019/8/19まで。

無償提供企画へのエントリーは<<こちらから!>>