学校の宿題では、問題集に答えを直接書き込んで提出する必要があり、後から復習するときにとても不便――。そんな悩みを抱えていた中学生の応募作品が「問題集もう1回やるぞぅ」です(図1)。答えを書き込む前の未記入の状態を撮影し、保存しておくことができます。

図1 「問題集もう1回やるぞぅ」のシステム外観

 撮影はほぼ全自動で完了します。まずは撮影したいページを開いて、撮影位置にセットします。モード切替スイッチを下に倒すと、上部から透明なアクリル板が自動で降りてきて、開いたページを押さえつけます。数秒後、ラズパイに接続したリモコンシャッターがONに切り替わり、アクリル板の上部に設置してあるタブレットのカメラ機能で、開いたページを撮影します。次のページを撮影したいときは、モード切替スイッチを上に倒します。アクリル板が上昇して元の位置に戻るので、ページをめくって撮影位置にセットし、再びモード切替スイッチを下に倒すと新しいページを撮影できます。

 リモコンシャッターは、市販品のスイッチ部分を改造し、GPIOからトランジスタをON/OFFしてスイッチを切り替えられるようにしています。モーターの電源にはPC用電源ユニットを流用しました。今後はページめくりを自動化して、問題集をセットしただけですべてのページが撮影できるようにする予定です。




【電子パーツがもらえます!】LoRa通信向け拡張ボードなどを無償提供

「みんなのラズパイコンテスト2019」特別企画を開催中(8/19まで)

 Raspberry Pi(ラズパイ)を使った作品・アイデアを表彰する「みんなのラズパイコンテスト2019」で、最新の電子パーツを無償提供します。今年は、LoRa通信向けの拡張ボードや、各種センサーボードなどを提供します。提供される製品を使った作品やアイデアを応募することが条件です。エントリー期間は2019/8/19まで。

無償提供企画へのエントリーは<<こちらから!>>