「10秒チャレンジ(夏)」は心の中で10秒を数えて、その長さがどれだけ正確かを測定できる装置です(図1)。自分の時間感覚がどれだけ正確かを調べたり、何度も測定して感覚を鍛えたり、複数人で測定して正確さを競ったりと、さまざまな使い方が可能です。

図1 タクトスイッチで時間を測定する

 材料はラズパイとブレッドボードのほか、タクトスイッチ、LEDなど。ソフトウエアはScratchです。

 使い方ですが、タイトル画面でスペースキーを押すとカウントダウンが始まるので、「スタート」の表示が出た瞬間にタクトスイッチを押します(図2)。スイッチの隣にはランダムに明滅するLEDが付いており、時間の間隔を惑わせます。このスイッチを見ながら、心の中で10秒を数え、10秒になったと思う瞬間にスイッチを離すと、ボタンを押していた時間の長さを計測して結果を表示します(図3)。

図2 スタートの合図でスイッチを押す
図3 良い結果が出るとカニが秒数を教えてくれる



【PR】格安のラズパイZeroが在庫処分セール!(8/29まで)

専門誌「ラズパイマガジン」の販売サイト

 600円からのラズパイZeroシリーズの在庫処分セールを開催中です。最安の初代Zeroが、SDカードや電源など全部込みで1890円です(Zero W/WHは完売)。Pi 3 B+用のケースも486円と格安です。

 そのほか、Raspberry Pi(ラズパイ)の最新機種Pi 3 B+、公式カメラ、オリジナルの拡張基板、入門者向け部品セットなど、ラズパイ関連製品がお得に買えます。日本で唯一のラズパイ専門誌「ラズパイマガジン」(2014年7月創刊)が運営しています。

商品の一覧は<<こちら!>>