「ラズめがね 〜Raspberry Piで作る太陽光発電遠隔監視システム〜」は石川県の実家近くに設置した太陽光発電所(図1)の稼働状況を、東京に居ながら把握するシステムです。発電状況などをパソコンやスマホからモニタリングでき(図2)、トラブルの際にスマホにアラートを出してくれます。インターネット回線を実家から引き、システムをラズパイで構築することで、業務用のシステムに比べてコストを大幅に抑えました。既に2年半以上の稼働実績があります。

図1 実家の近くに自作した発電所をモニターする
図2 Web画面で発電状況をいつでも確認

 太陽光発電のPCS(直流交流交換装置)の稼働状況はRS-485規格のシリアル通信で確認できます。このデータをラズパイのUART通信に変換する自作のブリッジ回路基板を経由し(図3)、MySQLのデータベースに定期的に蓄積します。

図3 RS-485で通信するブリッジ回路基板を自作して搭載



【PR】格安のラズパイZeroが在庫処分セール!(8/29まで)

専門誌「ラズパイマガジン」の販売サイト

 600円からのラズパイZeroシリーズの在庫処分セールを開催中です。最安の初代Zeroが、SDカードや電源など全部込みで1890円です(Zero W/WHは完売)。Pi 3 B+用のケースも486円と格安です。

 そのほか、Raspberry Pi(ラズパイ)の最新機種Pi 3 B+、公式カメラ、オリジナルの拡張基板、入門者向け部品セットなど、ラズパイ関連製品がお得に買えます。日本で唯一のラズパイ専門誌「ラズパイマガジン」(2014年7月創刊)が運営しています。

商品の一覧は<<こちら!>>