「Macberry Pi Cluster」は古いMacintosh Classic IIのきょう体にRaspberry Pi 2 Model Bを15台組み込んだクラスターマシンです(図1、図2)。電源、スイッチングハブ、ディスプレイも内蔵するオールインワン構成で、Raspbian+MPICH、OpenMPIが稼働し、Linuxベースのスーパーコンピュータ(例えばスパコンの「京」)と同じ稼働環境を提供します(図3)。流体シミュレーションソフトが簡単に動かせるようになっており,並列計算がノード数によって劇的に変化する様子を体感できます。

図1 Macberry Pi Clusterの外観
図2 15ノード分のラズパイをハブで接続
図3 内部のパーツ構成

 制作動機の7割は個人的な興味ですが、高校の情報技術の授業の参考になればとも考えて作りました。参照した先行事例は米国立オークリッジ研究所の学生向けカリキュラム「TinyTitan」です。授業の教室は随時移動するのでオールインワンでコンパクトな構成が必要でした。ノード間の通信が多くて内蔵ハブが過熱し、冷却に苦労しました。




【PR】ラズパイ&オリジナル基板がお得に買える!

専門誌「ラズパイマガジン」の販売サイト

 Raspberry Pi(ラズパイ)、公式カメラ、オリジナルの拡張基板など、ラズパイ関連製品がお得に買える「Raspberry Pi販売サイト」です。日本で唯一のラズパイ専門誌「ラズパイマガジン」(2014年7月創刊)が運営しています。

 ラズパイマガジンが選んだ入門者向け部品セットも用意しています。ブレッドボードやジャンパー線も入っていて、各種部品の使い方はラズパイマガジンで解説しています。Pi 3 B+用のケースが486円など、お得なセールも!

商品の一覧は<<こちら!>>