それでは具体的に、図4のロボットの内部をのぞいてみましょう(図7)。足はキャタピラー、目と耳はマイク付きのWebカメラ、口はアクティブスピーカーという構成です。

 このロボットは、離れた場所からWebブラウザーを使ってコントロールできます(図8)。USBタイプのWiFiアダプターとポータブルWiFiルーターを使って、コントローラーとなるPCやiPhone、Androidなどのデバイスと接続します。もちろん、すべてバッテリー駆動です。

図7●図4のロボットの内部
図8●スマートフォンのリモコン画面

今後の連載の流れ

 今後の連載の流れは次の通りです。

  • 第1回(今週)はラズペリーパイの組み立てと初めてのプログラミングを実施します。
  • 第2回はスクラッチとPythonでLEDを光らせます。
  • 第3回は独立行動できる環境を作ります。独立行動するロボットのWebコントロールの原理を学びます。
  • 第4回は足を作ります。ギアとモーターの駆動回路の製作します。
  • 第5回は目と口を作ります。Webカメラによる周囲の監視と、音声合成によるスピーカーでのおしゃべりを実現します。
  • 第6回は耳を作ります。音声認識技術を使って声でロボットをコントロール可能にします。