次にギヤボックスを設置するため、プラスチックの平板の一部を切り取ります。車軸をセットしたプラスチックの平板の下から4番目と6番目の穴の横に鉛筆で目印となる線を付け、その部分をニッパーやカッターを使って切断してください。作業のコツは図17の通りです。一気に切断しようとせず、一番力がかかるニッパーの先端を上手に使って少しずつ切るようにします。完全でないまでも、ある程度全体的に切り込みが入れば、切り落とそうとしている部分をニッパーでがっちりはさみ、むしり取るようにすれば取り除けます。

図17●ギヤボックスを固定する部品をとめる切り込みを作る
図18●ギヤボックスを固定する部品を取り付ける

 この切断では、刃物を使うことに加え、かなりの力が必要になるため危険です。ニッパーを使っても簡単に切断できないほど力が必要なので、十分注意して作業をしてください。もし子供と一緒に作っているのなら、ここは大人が作業するようにしてください。

 この部分にギヤボックスを固定するための部品をはめ込みます(図18)。ギヤボックスと固定部品をネジ止めし(図19)、ギヤボックスから突き出している車軸に歯車付きの車輪(ギザギザが付いている車輪)を取り付けます(図20)。


図19●ギヤボックスを固定部品にネジ止め
図20●歯車付きの車輪を車軸に取り付けた