ハンダ付けする場合の注意点
図A●娘の理乃がゴーグルを付けてハンダ付けをしているところ

 ハンダ付けでしっかり固定したい場合、ハンダごての取り扱いには十分注意してください。ハンダごては使用時に極めて高温になるからです。特に、子供にハンダ付けをやらせる場合は、必ず大人と一緒に作業するようにしてください。

 作業時には、ハンダが飛び散って目に入ったりすると危険なのでプラスチック製のゴーグルを付けて作業するとより安全です(図A)。ゴーグルは100円ショップでも入手できます。ハンダ(ヤニ入り)もダイソーなどの100円ショップで売っていて、ハンダごても400円程度で取り扱っているようです。

 よじってつないだもの(図B)を実際にハンダ付けすると、図Cのようになります。

図B●「よじってつないだ」だけの状態
図C●ハンダで固定した状態

瀬谷 啓介(せや けいすけ)
Double Bind(ダブルバインド)代表取締役社長
「アジャイルソフトウェア開発の奥義」「まるごと学ぶiPhoneアプリ制作教室」 などソフトウェア・プログラミング関連の著書・訳書多数。オンラインIT動画学習サイト「zero2one」を運営。幅広くIT教育に関わる。日本TI半導体グループ技術主任、日本AMD次世代製品開発センター長、 フィルモアアドバイザリーCTO・執行役員などを歴任。小型飛行機免許所有、理論物理学学士、物性物理学修士。