「http://rasrobo.local:8000/rasrobo.html」にアクセスすると、図22のように表示されたでしょうか。このページを既に開いている場合、「/usr/share/webiopi/htdocs/rasrobo.html」を編集し直しているので、ページをリロード(再アクセス)する必要があります。

 それでも表示されない場合は、「rasrobo.html」の内容を再確認してください。それでもダメなら(3)で説明したような方法でWebIOPiをデバッグモードで起動してみて、何かしらエラーメッセージなどが表示されていないかどうかを確認してみましょう。問題を特定できたら、問題箇所を修正してWebIOPiを再起動し、「http://rasrobo.local:8000/rasrobo.html」をリロードして動作を確認してください。

図22●おしゃべりを指示できるようにしたRasRoboコントローラーの画面

 問題がなければ、リロードしたタイミングで「どーもどーもラズロボです」という声が聞こえるはずです。音が聞こえない場合は、非常に基本的なことですが、スピーカーの電源などもチェックしてください。

 「おしゃべり」の部分に言葉を入力して「話す」ボタンを押してスピーカーから音が聞こえてくれば成功です!

 ここで作成したrasrobo.htmlと同等のファイルは、読者がダウンロードしてすぐに利用できるように用意しておきました。次のコマンドでダウンロードできます。ただしダウンロードしたファイルの名前は「rasroboplus.html」になります。

$ wget https://raw.githubusercontent.com/doublebind/rasrobo/master/rasroboplus.html 

 ダウンロードしたファイルは下記のように「cp(コピー)」コマンドを使って「/usr/share/webiopi/htdocs/」にコピーし、「http://rasrobo.local:8000/rasroboplus.html」にアクセスしてください。

$ sudo cp rasroboplus.html /usr/share/webiopi/htdocs/ 

瀬谷 啓介(せや けいすけ)
Double Bind(ダブルバインド)代表取締役社長
「アジャイルソフトウェア開発の奥義」「まるごと学ぶiPhoneアプリ制作教室」 などソフトウェア・プログラミング関連の著書・訳書多数。オンラインIT動画学習サイト「zero2one」を運営。幅広くIT教育に関わる。日本TI半導体グループ技術主任、日本AMD次世代製品開発センター長、 フィルモアアドバイザリーCTO・執行役員などを歴任。小型飛行機免許所有、理論物理学学士、物性物理学修士。