スピーカーもマイクも、コイルの中で磁石が動くとコイルの両端に電圧差が生じるという「電磁誘導の法則」を利用しています(図2)。

図2●電磁誘導の法則

 見かけは違いますが、実は両者は同じものです。どちらも、コイルの頭に振動板(ボール紙など)を貼り付け、コイルの中央に磁石を置いた構造をしています。振動板が音の力で震えると(図3(1))、磁石に対してコイルが動くので(図3(2))、コイルの両端に誘導起電力が発生します(図3(3))。これがマイクです。

図3●マイクの原理

 逆に、コイルに電圧をかけると(図4(1))、コイル自身が磁石(電磁石)になって中央の磁石に対して反発したり引き合ったりしてコイルが動きます(図4(2))。コイルに貼り付いている振動板が一緒に動いて周囲の空気が震え、それが音となって空気中を伝わります(図4(3))。これがスピーカーです。

図4●スピーカーの原理