(4)必要なファイルを「~/julius」にコピーする

$ cd dictation-kit-v4.3.1-linux/ 
$ sudo cp model/lang_m/bccwj.60k.htkdic ~/julius/ 
$ sudo cp model/phone_m/jnas-tri-3k16-gid.binhmm ~/julius/ 
$ sudo cp model/phone_m/logicalTri ~/julius/ 

(5)Juliusに認識させる単語を辞書に登録する(単語辞書の作成)

 Juliusのディレクトリーに移動し、nanoを起動して図8の内容を打ち込んで保存してください。

$ cd ~/julius 
$ nano word.list.utf8 
図8●Juliusの単語辞書を設定
<sil>          [<sil>]    silB
<sil>          [<sil>]    silE
<sp>           [<sil>]    sp
スタンバイ     [命令受付モードON]    s u t a N b a i
ニュートラル   [命令受付モードOFF]    ny u: t o r a r u
前             [前進]    m a e
後             [後進]    u sh i r o
左前           [左前]    h i d a r i m a e
左後           [左後]    h i d a r i u sh i r o
右前           [右前]    m i g i m a e
右後           [右後]    m i g i u sh i r o
停止           [止まれ]    t o m a r e
ライトON       [ライトON]    r a i t o o N
ライトOFF      [ライトOFF]    r a i t o o f u
待機モード     [命令待機モード]    m e i r e i t a i k i m o: d o n i h a i r i m a s u

 Juliusは各行の右側に記述された「ローマ字」もどきで記述された言葉を認識し、[]内の言葉を返します。例えば、右端に「s u t a N b a i」と記述している行は、「スタンバイ」と発音された言葉を認識し、「命令受付モードON」という言葉を返します。「silB」「silE」「sp」は音がない状態(無音)を認識するためのものです。