ラズベリーパイを再起動し、「音声リモコンを起動しました」という音声メッセージが聞こえたら、ロボットに命令してみましょう。命令通りに動いたら成功です。

 ここで編集した「rc.local」は、ダウンロードして読者がすぐに利用できるようにしておきました。ダウンロードしたファイルをそのまま新しい「rc.local」として利用したい場合は、下記のコマンドをすべて実行してください。「rc.local」をダウンロードするだけであれば、最初のコマンドを実行するだけでOKです。

$ wget https://raw.githubusercontent.com/doublebind/rasrobo/master/rc.local 
$ sudo mv /etc/rc.local /etc/rc.local.org 
$ sudo cp rc.local /etc 
$ sudo chmod 755 /etc/rc.local 

「マイクやスピーカー」を固定する工夫

 ロボットの身体を作り、完成させるのは大変です。今回は工作キットを使ってロボットの身体の基本形は極力簡単に作れるようにしていますが、それでもWebカメラやスピーカーなどが載ってくるともろもろ工夫する必要があります。

 図29は100円ショップで購入した磁石を使ってWebカメラ(の金属台)を固定した様子、図30はスピーカーをWebカメラの背に載せて輪ゴムで固定した様子です。手元にあるものを使って固定する工夫をしてみてください。

図29●磁石の上にカメラの金属台を載せて固定
図30●カメラの背にスピーカーを輪ゴムで固定