「Raspberry Pi(ラズベリーパイ)」は、手のひらサイズの格安コンピューターとして大人気。普通のパソコンと違って、入出力端子にLEDやスイッチなどをつないで手軽に電子工作を楽しめるのが特徴。工夫次第でさまざまな応用ができる。

 5000円台と安価で手のひらサイズのコンピューター「Raspberry Pi(ラズベリーパイ)」が人気だ。2015年2月には性能を高めた新製品「Raspberry Pi 2」が登場し、ウェブサイトの閲覧などもストレスなくできるようになった。

 Raspberry Piは、電子工作にも活用できるところが普通のパソコンと違って面白いところ(図1)。基板上にあるピン状の入出力端子にLEDやスイッチ、モーターなどの電子部品を接続し、プログラムを使って制御できる(図2)。電子工作といっても、はんだ付けは不要。制御プログラムも簡単に作成できるので、初めて電子工作に挑戦する人にぴったりだ。

●電子回路を制御できるから可能性は無限大
図1 「Raspberry Pi(ラズベリーパイ)2」は電子回路を直接つないで制御できるのが特徴。電子回路をプログラムからコントロールできるため、さまざまな応用が可能にない
●手のひらに載るコンピューター
図2 手のひらに載るパソコン「Raspberry Pi」。基板のサイズは86×56ミリと非常に小さいが、USBやHDMIなどパソコンと同等のインタフェースを備える