2019年の受賞作品はこちら

 

「ラズベリーパイ財団賞」を今年も創設(2019/8/21)

 Raspberry Piを開発した英国のラズベリーパイ財団(Raspberry Pi Foundation)とJapanese Raspberry Pi Users Groupが選ぶ「ラズベリーパイ財団賞」を今年も創設することが決まりました。小中学生を中心とした学生を表彰します。賞品は「Raspberry Piほか詰め合わせ」です。学生の皆様、奮ってご応募ください。

 

「PiJECTOR賞」を創設しました(2019/7/30)

 

 ラズパイや関連商品を販売しているケイエスワイ(KSY)と、ラズパイなどで使える小型プロジェクションモジュールを開発するUltimemsが「みんなのラズパイコンテスト2019」に協賛し、両社が選ぶ「PiJECTOR賞」を創設することが決まりました。賞品は後日、本サイト上でお知らせします。皆様のご応募をお待ちしています。

 

 Ultimemsが開発し、KSYが販売する「PiJECTOR MEMSレーザープロジェクション モジュール for Pi」は、ラズパイ専用拡張基板型のプロジェクションモジュールです。レーザーを光源に採用しているため、投影面の凹凸や曲面に影響されず、常にピントが合います。例えば、 ロボットや人形の顔に内部から目や口を投影することでリアルタイムに表情を変えられます。既存機種より明るさをアップしながら、消費電力はたった4Wしかありません。両社の製品を使った作品を応募すれば、PiJECTOR賞を獲得できる可能性が高まります!

 

「子供の科学賞」を創設しました(2019/7/17)

 

 小中学生向け科学雑誌の「子供の科学」が、小中学生を対象に選ぶ「子供の科学賞」を創設することが決まりました。賞品は「子供の科学」1年分です。小中学生のみなさん、ふるって応募してください!

 

スタートダッシュ賞を開設しました!(締め切り:9/9)

 

 9月9日までにご応募いただくと、抽選で30名様にAmazonギフト券(1000円)をプレゼントします。グランプリなど他の賞とのダブル受賞ももちろん可能です。ふるってご応募ください。

 

コンテストの応募締め切りは10月10日です!

 

 応募方法の詳細はこちらをご覧ください。当初、10月11日を予定していましたが10月10日になりました。

 

「LoRa通信向けの拡張ボード」などを無償提供します!
(応募期間:2019/8/5~19、応募は終了しました)

 

 みんなのラズパイコンテストに協賛するOKdo(オーケードゥー)が、最新の電子パーツをコンテストに参加する皆さんへ無償提供します。本企画の応募期間は8/5~19です。気軽に試して、作品やアイデアをぜひ応募してください!

 

 無償提供となる電子パーツは「LoRa通信向けの拡張ボード」などです。

 

無償提供の条件
 無償提供の条件は、その製品を使った作品またはアイデアを応募いただくことです(複数応募も可、作品/アイデアの応募締め切りは10月10日まで)。応募いただけなかった場合は、製品をご返却ください。返却時に、製品の加工や破損があっても構いません(返却時の送料は応募者の負担になります)。

 

提供する製品
 Raspberry Pi用の拡張ボードなど6種類を提供します。応募時に希望する製品(一覧と詳細はこちら)を選んでください。最大、第3希望まで選べます。希望者多数の場合は、記入していただく応募理由や意気込みなどを基に、事務局が当選者を選定します。

 

 「LoRa GPS HAT」と「LoRa mini dev」はラズパイでLoRa WANを使ったIoTネットワークを構築できます(二つをセットで提供)。「Weather shield」は温度・湿度・気圧を検出するセンサーボード、「Unicorn HAT HD」はアニメーション表示ができる16×16のドットマトリクスLED、「Skywriter」はフリック操作やジェスチャー操作でラズパイを制御できるセンサボード、「Flick Large」はより大きな面で使えるジェスチャーセンサーボード、「SmartiPi」はレゴブロック互換のラズパイケースです。

 

応募方法
 応募時に、第1希望から第3希望まで、エントリーできます。最大20名様に提供します。当選するのは、応募者一人につき、一つの製品になります。

 

 以下の応募フォーム(応募は終了しました)で、希望した各製品に対して、応募の理由や意気込み、(もしお持ちなら)作りたい作品イメージを記載してください。応募多数の場合は、事務局が応募理由などから当選者を選定します(希望した以外の製品が当選する場合もあるので、あらかじめご了承ください)。

 

 当選者の発表は製品の発送をもって代えさせていただきます。製品は、2019年8月末頃までに発送いたします。なお、当選者の方が技術的な問い合わせをしたい場合、下記までお願いします。

 DesignSpark:designspark.jp@gmail.com(@は半角)

 

 応募いただけなかった場合の製品の返却先:
  〒105-8308 東京都港区虎ノ門4丁目3番12号
  日経BP プログラミング編集部 日経Linux(みんなのラズパイコンテスト事務局)

開催概要
募 集 対 象
Raspberry Pi(機種は問いません)を使っている作品で、電子工作の作品、デスクトップ/サーバーのアプリやミドルウエア、子供用など特定用途の利用環境、面白いケース(きょう体)などが対象です。
オープンソースソフトなどは自由に利用してください。実際に作った物、またはそのアイデアが対象です。
応 募 資 格
個人やグループ、団体(企業含む)で応募できます。複数の作品の応募も可能です。
応 募 方 法
作品/アイデアの概要、技術的な仕組み、アピールポイントなどを簡潔にまとめてご提出いただきます。実際に作った作品に関しては、写真や図版なども適宜ご用意ください。
募集期間
2019年5月30日(木)〜 10月10日(木)
審査員
青山学院大学大学院 特任教授 阿部 和広 氏(審査委員長)、暇村工房 今村 博宣 氏、
アールエスコンポーネンツ 宮原 裕人 氏、ケイエスワイ 中島 忠義 氏、
ラズパイマガジン 編集長 安東 一真、日経Linux 編集長 岡地 伸晃、
日経ソフトウエア 編集長 久保田 浩
応募作品の条件
 

●他のコンテストへの応募作品について
他のコンテストなどで受賞している作品の応募はできません。本コンテストと同時期に応募を実施している他のコンテストへ同時に応募することはご遠慮ください。そうした作品は審査対象から外すことがございます。

 

●オリジナル性があり他人の著作権や財産権などを侵害していないこと
キャラクターの無断使用やアイデアの盗用など、他人の権利を侵害するような応募はお控えください。審査の過程で各種権利侵害の可能性がある場合は、審査対象から外すことがございます。

<Platinum Sponsor>
 
<後援組織・団体>
IoT ALGYAN / Japanese Raspberry Pi Users Group / 子供の科学
【協賛企業(募集中)】
ご関心がある企業様は下記お問い合わせフォームよりご連絡ください。

【問い合わせ先】
コンテストの内容などについてご不明な点がある場合は、以下のWebサイトにある問い合わせフォームよりご連絡ください。 https://bpcgi.nikkeibp.co.jp/store/req/QA/form/qa_5_2f.shtml
フォームの「雑誌名」欄では「日経Linux」を選んでください。「発行号」欄や「記事名」欄、「掲載ページ」欄は
空白のままで構いません。「お問い合わせ事項」欄に、ご質問内容を記載ください。
その際、「みんなのラズパイコンテストについて」の質問であることを明記してください。

※個人情報について
日経BPの個人情報保護方針(https://www.nikkeibp.co.jp/atcl/corporate/privacy/)と、個人情報取得に関するご説明(https://www.nikkeibp.co.jp/atcl/corporate/p8/)をご覧いただきお問い合わせください。ご記入いただいた個人情報は、お問い合わせ対応のために利用します。

ラズパイマガジン
Raspberry Pi(ラズパイ)とは
 ラズパイは、スマートフォンなどと同じ種類のCPUが載った、れっきとしたコンピュータです。名刺に隠れるくらいのサイズでありながら、使いやすいGUIデスクトップで操作でき、さらにセンサーやモーター、LEDといった電子部品を簡単につないで制御できます。5000円程度と安価なことなどから人気を呼び、発売から7年で2000万台以上が売れています。
 ラズパイのOSインストールの方法や、実際の工作例などは「ラズパイマガジン2019年8月号」などで紹介しています。また2019年2月号には、第5回コンテストの全受賞作品と、第1〜4回の主要72作品の解説もあります。ぜひ、楽しい作品を考えてコンテストに応募してください。
go top

Copyright © 2019 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved.